<   2007年 02月 ( 11 )   > この月の画像一覧

ささやかなひととき


「みんみさん、里中主任と東海林主任 どっちが好き?」

と、同僚の女性から聞かれた。

「ええぇ!! 選べませんよ どっちも かっこいいですもん!!」と私。

「だめ どっちか選んで!」と、同僚の女性。

「 東海林主任が好きです!」と私。

「私も好きねんて!!趣味一緒やね」と同僚の女性。

「やっぱり?? かっこいいよねぇぇ!!!」と 大喜びする私。

ちなみに 里中主任と東海林主任とは、

水曜 10時からのドラマ 「ハケンの品格」 にでてくる 小泉孝太郎(里中主任)と

大泉洋(東海林主任)のことです。

仕事をしてて 疲れてくると みんなで 

「どっちが好き?」 とか 「どんな 映画が好き」 などの

他愛もない「好き」を 言い合いしては きゃーっ と 喜ぶ・・・・

罪のないストレス発散だよね。。
かわいいよね・・・!?
[PR]

by minmijb | 2007-02-23 00:54 | 日々のつぶやき

晴れた日に

d0094425_18595828.jpg



姪が持っていた オレンジレンジの4枚目のアルバム「ORANGE RANGE]。

ちょこっと聴かせてもらうと なんだか軽い ノリのいいサウンドが心地よい。

「これ、買うわ!」と宣言。

「まったく いい年して 若い曲ばっかり聴いて あんたは!!」

との姉の小言にもめげず

「いいもーーん ききたいんだもーーん 年齢は関係ないもん!!」

と、めげずに 購入しました。
(ちなみに1枚目も2枚目も持ってます)

早速、朝の出勤の際、車に持っていってかける

うーーん やっぱり ノリがいいのは元気が出るなぁぁ

天気がよいので とっても 気持ちいい。

このまま海浜道路を走ってドライブしたい。

前の車だったら アクセルを踏んだ感覚がもっと気持ちよかったかも。。

天気のよい日に 車を運転して ノリのいい音楽をきいて どこかに 行きたい。

いまのみんみのささやかな 願いです。
[PR]

by minmijb | 2007-02-21 19:12 | 好きなモノ

よしわら



傾城(けいせい)に真(まこと)があって運のつき 

吉原には

大見世 中見世 小見世 という 遊郭のお店のランクがありました。

格があがるにつれて 遊女の顔が見にくかったようです。

よく時代劇で格子の向こうから

「遊んでいきなよぉ~」とかって誘っている場面がありますが

あれは小見世の遊郭です。大見世になるとなかなか遊女の顔はみづらかったようです。

一般的に吉原というと、すぐに今の風俗と一緒の感覚に捉えがちですが

実はちょっと違うようです(あくまでも 私見)

上級の花魁になると ちょっとした今のアイドルのような扱いを受けていたようで

当時の奥様がたも そのような感覚で見ていたみたい。

しかも、上級になると すぐには そういう関係にはならない。

何回か 通って やっと・・・なんですね。

上級は1回 1両1分 河岸(下のランク)で240文 夜鷹でそば1枚分の16文です。

で、上級は それこそ何回も通って やっとなんです。


上級は当時の 大金持ちが行くとこだったようですけどね。
そのへんのお金の使い方はまた今度書きますね。


ようは、吉原は 大変な金額で 「夢」を売ってたんですね。

で 花魁は お客の気を引くために  ○○命 なんて 客の名前をいれた

いれずみをしたりなんかする。 すぐ消えるもので書いたようですが

お客だって そんなことは百も承知なんですね。

そのときだけ、の愛情 わりきっている。

で、冒頭の「傾城に真があって運のつき」になります。

「真(誠意)のある遊女にであうと城が傾く」

夢の提供者である遊女が本気になっちゃあいけないんです。


立ち戻る現実があって 夢 はおもしろいのかもしれません。

一線の境をわからなくなると、身の破滅・・・

お互い立場をわきまえてたんでしょうね。

ちなみに みんみ 前回から 「浮気」だの「風俗」だのと書いておりますが

決して推奨しているわけじゃあ ないんですよ。

昔の人の感覚っていうか こんなことを考えて暮らしていたという

教科書に載っていない 生の感覚の歴史をお伝えしたかったんです。

あたしゃあ 女性の敵じゃあないっすよ・・・汗
[PR]

by minmijb | 2007-02-17 22:20 | 街道をゆく

ソニーエンジェル

d0094425_21345265.jpg



ものすっごく 大好きな エンジェルちゃん です。

癒されます。夜の残業にはこれを机において仕事します。
(ちょっと変な人です。。。)

最近 ちょくちょく出回っているみたいです。

フォーラスにも売っているらしい。(行かねば・・・)

ちなみにこれは 1個380円で エンジェルちゃんが何を頭に

かぶっているかは 箱を開けるまでわかりません。

みんみはかえるをかぶっているエンジェルちゃんがどうしても欲しいので

それが出るまで買い続けます。(少しづつ・・・)


大人買いはしません。なぜなら それだけの財力も そこに 夢も

感じないからです。(負け惜しみデス)

ソニーエンジェルちゃんがどこに売っているかをまだ把握していないので

ここに売っているよ!という情報をお待ちしております。
[PR]

by minmijb | 2007-02-16 21:34 | 好きなモノ

戸棚の中には・・・

最近、よく見ているテレビドラマが2本ある。

そのうちのひとつ 「今週 妻が浮気します」 は毎週みている。

で、これは俺様も見ているので、もし帰宅が遅いなら録画せねばなるまいと考え

電話しました。

「ねぇねぇ、今週 妻が浮気します なんやけど、どうする?」 と私。

「今週 妻が浮気するんか? 今日じゃなければいいわ・・」と俺様の返事。

「???・・・ あっはは ごめん ごめん 」と私。

主語 述語やら 前後の脈絡のない私のしゃべりに 

チクリ と嫌味をいいたかったようで・・・失礼いたしました。

てなわけで、今日の話題は 浮気 です。


江戸時代、儒教とかが浸透していたようですが、それは武家社会だったようで

庶民はかなりオープンだったようです。

ただし、当時は男性の2割しか結婚できなかったようです。

嫁さんがあたればとてもラッキー!嫁さん様様・・

で、当時の川柳に

「馬鹿亭主うちの戸棚を開けられず」

ってのがありまして、これは うっかり戸棚を開けようものなら間男(浮気相手)が

出てきてしまうかもしれない。

怖くて開けれないんですね。嫁さんに逃げられたくないから。

しかも、間男とのいざこざは 無粋でかっこ悪いからしたくない。

江戸っ子は「粋(いき)」が信条ですから。

当時の長屋は6軒、7軒単位で向かいあわせで12軒単位なんですね。

そのうちの1軒か2軒しか嫁さんがいない。

で、亭主が出張とかで留守にするとほかの独身男が通うなんてことが
起こるわけです。

まぁ 奥さんが断れば終わる話ですが、案外 オープンだったりもしたようです。

亭主としたら どこにも行かずに内職で生計をたてたいくらいですがまぁ そんなことは

不可能なんで、ある程度は目をつぶって亭主然としていたようです。

現代に引き合わせても 嫁さんが強いのは あまり変わりはないのかな・・・?

次回は「男 一度は伊勢と吉原」の 「吉原」について 書きます。

乞うご期待!?

歴史が好きですが歴史の裏にあるこんなお話が大好きなみんみでした。
[PR]

by minmijb | 2007-02-13 22:11 | 街道をゆく

まずは・・・

 えっと 先般のお江戸モノが 少し好評のよう(?)でしたので

カテゴリーに「街道をゆく」を追加し、これから気が向けば

ちょこちょこ書いていこうかな、と考えております。(自分の勉強にもなるし)

「街道をゆく」は司馬遼太郎の本の題名のぱくりです。(ごめんなさい)

「みんみの街道をゆく」コーナーということです。(えへへ)

今日は、江戸ではなく 加賀のことを。

加賀は「百姓のもちたる国」(こんな言い方やったかなぁ・・・汗)

と 加賀を紹介するサブタイトルみたいに使われたり 農産物の広告に

使われていたような気がしますが、その由来らしき見解を書きますね。
(あくまでも自分の読んできたものを 自分なりに解釈してますので
 違っていることは多々あると思いますが。。。汗 許して)

加賀平野は13、4世紀に 開拓されました。

当時は侍も農民もなく 開拓農民=武士 でした。

そこへ 鎌倉幕府から 任命されたお役人がくるんですね。(富樫氏)

でも、加賀の人にしたら 一生懸命 開拓した自分達の土地なのに

こんなお役人に税金(お米)を納めたくない!!

で、そんな時に現れたのが、蓮如さん(浄土真宗)

浄土真宗の普及のため、有力な開拓農民(武士)の次男坊を

真宗にさしだしなさい、私財でお寺を作りなさい

と言います。浄土真宗はお嫁さんももらえるわけですから

一族郎党全員が浄土真宗の門徒になるわけです。

と、なってくると農民は富樫氏が嫌いなものですからいっそ

お寺を作ってそこにお米を納めようとなるわけです。。

でもって、富樫氏を追っ払ってしまうんです。

で、その後100年の間 織田信長がでてくるまで

加賀は 真宗のお坊さんと開拓農民である地侍との合議制による

政治がつづきます。

そこから「百姓のもちたる国」という名前がつくのかな、と。。。

織田信長がでてきた時の話はまた今度。
(金沢の血の川の由来もここに関わってきます。)




ちなみに蓮如さんは布教をお寺さんでするよりも「講」を中心にしておりました。

「講」はあっちの村 こっちの村と連合して作られてて信仰を語り合う場所でした。

ここで みんな思想的な話を語り合うわけです。
(西田幾多郎とか暁烏敏とかを生む土壌の形成ですな)

日本人がはじめて このときに

横のつながり社会をもったんです。

でも 江戸になると がちがちのタテ社会ですから この横のつながりをいやがるんです。

島津藩なんかは、キリシタン以上に浄土真宗をおそれていたようです。

と、まぁ またまとまりなく 書きました。すんません。

あくまでもみんみの私見ですんで、苦情は受け付けません(苦笑)

これからも 時代をいったりきたりしながら 書いていきたいです。


それでは、おやすみなさい。(明日もお休みうれしいなぁぁ)
[PR]

by minmijb | 2007-02-11 03:29 | 街道をゆく

くさっ・・・(汗)

d0094425_19395915.jpg


あまりに景色がよくて車から降りて撮った一枚

気持ちがよかったです。

ここは「河北潟」

思わずこのきれいな木立に

「どうしてほしい?」と 問いかけてみる

どうなったら、いいんだろ、自然って。

なぁんてね、愚問だな・・・

あまりに清々しい景色に感化されたのか、車にのってから

ふと、

17歳当時のことを思い出した。

青春真っ只中の  「若気の至り街道」まっしぐらだったこの頃

「つまらない大人になりたくない」


と 日記に書いた。

「つまらない大人」の定義は何?

と 当時の自分に聞いてみたいなぁ・・・

んでもって、大人というか、

「中年気の至り街道」まっしぐらの今の自分を見て

「つまらない大人」ですか?と聞いてみたい。
(ギャグもオヤジギャグ程度しか言えないしなぁ・・・汗)

布団が ふっとんだぁぁぁ・・・(ごめんなさい)

などと、青臭いことを 考えてしまった・・あっはっは くさっ・・・(汗)
[PR]

by minmijb | 2007-02-09 19:39 | 日々のつぶやき

め組の人

先日、我が家から5分程度のところで火事がありました。

火事はやはり怖いです。火の取り扱いには十分気をつけねば、

と、改めて 思いました。

私は消防車のサイレンを極端に怖がる性質でして、この日も明け方まで

眠れなかったです。


話はちょっと変わりまして、江戸のお話です。

江戸は大変、火事の多いところだったようです。
(行灯と障子ですから火のまわりは、早かったでしょう)

その為、消防組織が発達していたようです。(い組とかろ組とか・・・)



幕末に徳川慶喜が鳥羽伏見戦いで敗れ大阪城から夜中に

側近だけをつれて船で江戸に帰ってしまうんですがあまりに慌てて

出てきた為か、将軍にとって大事な金扇馬印を忘れてきてしまうんです。

で、そこで登場したのが 火消し頭の「新門の辰五郎」。
(徳川慶喜の警護や二条城の防火を担当していたそうです)

戦乱の中、火事までおこっている大阪城に取りに行くんです。

なかなかできることじゃあ ありませんね。


この方は、火事場につきものの喧嘩の仲裁や納め方がとてもあざやかだったそうで

その人柄を慕って配下には3000人くらいいたそうです。



勝手な想像ですが

「暴れん坊将軍」のめ組の頭(さぶちゃん 北島三郎)のモデルは

この人なんじゃあないだろうか?



そんな想像ばかりして、今日も夜は更けていく。。

早く寝ないとお肌が。。。

まとまりのないブログになりました。。。すみません


おやすみなさい
[PR]

by minmijb | 2007-02-08 01:04 | 日々のつぶやき

サプライズ

職場の人たちとの会話で出た話です。

自分の記念日や誕生日にどんなお祝いをしてほしいか。


うーーむ 自分だったらね、

「何が欲しいとかっては言わないなぁ・・・

 とにかくびっくりさせて欲しい。 出かけようといわれてドライブして

 温泉にそのまま連れて行ってくれるとか。 おいしいレストランを予約

 してくれるとか・・・」 

って言ったら

「さすが B型  わがままやね」

と言われました。汗

そうか、これは わがまま という願望だったのか。

ちなみにAB型の人の場合は、相談し合いながら決めるそうです。

えぇぇーーつ!! そんなん つまんないもーーん!!


****みんみの妄想会話**********

「何が欲しい?」 「あれが欲しいんだけど・・・」

「ちょっと 高いなぁ」 「でも欲しいもん」

「仕方がない 買ってあげるよ」

**************************



なんて会話 無粋極まりないよぉぉ! つまんない つまんない (ジタバタ・・・)

たとえ、10円のチロルチョコ 1個でもいいから 驚きや楽しさがあれば

それで OK!!

えっ? やっぱり わがまま?? (笑)


皆様は どんな お祝いをして欲しいですか?
[PR]

by minmijb | 2007-02-05 20:03 | 日々のつぶやき

鬼は外 福は内


昨日、とある方達がもつ鍋に連れて行ってくれました。

「うさぎ」 というもつ鍋屋さんです。

ここの「金の鍋」というのが ごまだれ 
    「銀の鍋」というのが 味ぽん

で、昨日は金の鍋を食べその後、ちゃんぽん をいれて食べました。
濃厚なお味でしたがもつが柔らかくて、臭みがなくておいしかったです。


http://www.motsuusagi.com/tempo.html

この週末は、一人で一升瓶を抱えて飲んだくれる予感がしてましたが、
このもつ鍋のお陰で、お腹も気持ちもほっこりほっこり 暖かくなりました。
ほんとに あ~りがと~う!!
帰りの電車から降りて家までの道すがら、ほっぺたに 落ちてくる雪を
冷たいと感じながらも、人に優しくされることの暖かさに つくづく感謝した
雪の夜でした。

さて、今日は節分!!

ちび太が

「かぁさん、いくつ?」と聞くので

「32歳です」と答えると、豆を33個 用意してくれました。

「もうじきお誕生日だよね」と気をきかせてくれたようです。

お気遣いどうもありがとう。来年32個でお願いいたします。
[PR]

by minmijb | 2007-02-03 21:04 | 日々のつぶやき